The Legend of Japanese Comics - コミック伝説

デボラがライバル

出版社集英社
連載別冊マーガレット (1997)
大学入学と同時に、初めて一人暮らしをする事になった朝代。その上、お隣さんは金髪で美形のお兄さん。ところが喜んだのも束の間、気になる隣の住人・デボラは超問題アリのビジュアル系(!?)だった…!! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

奈緒子

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1994-2003)
走ることが大好きな雄介にとって、待ちに待った運動会もいよいよ明日。ところが応援に来るはずの父・健介に、突然"瀬渡し"の仕事が入ってしまった。家族サービスで東京から訪れた篠宮という若社長とその妻、そして娘の奈緒子を船で釣場に送迎するだけの依頼なので、翌朝健介は「すぐに戻る」と雄介に言い残して出航する。だが、船から岩場に移るさい、バランスを崩した奈緒子が海の中へ…!! すぐに健介が救助に飛び込んだため、彼女自身は一命を取りとめたのだが… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

BASARA (バサラ)

出版社小学館
連載別冊少女コミック (1990-1998)
高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

円舞曲は白いドレスで

出版社小学館
連載週刊少女コミック (1990-1991)
1935年の東京。16歳の快活な乙女・青樹湖都は美しい夢を持っていた。初めての舞踏会には白いドレス、そして初めてのワルツの相手が運命の男性…。だが、突然湖都に婚約話がもちあがる。フィアンセは白晢の秀才・鬼堂院将臣、海軍兵学校に学ぶ男爵家の息子である。最初で最後の舞踏会、湖都は思いがけない成りゆきで英印ハーフの美青年と最初のワルツを踊った。太平洋戦争前夜の激しい恋を描くドラマティック・ロマンス! (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

りびんぐゲーム

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1990-1993)
舞台はバブル全盛期の東京。不破は広い部屋に引越をする。同時期に不破の勤める「ナミフクDMサービス」も会社を移転するが、なんと移転先は不破の新居の目の前。しかも地震が起こり、会社の移転先となるはずのビルが傾いてしまう…。応急措置として、とりあえず「ナミフク」は不破のアパートに間借りすることになった。せっかく引越したのに前より部屋は狭いわ、プライベートはないわで、不破の怒りが爆発する。ただでさえ狭い「ナミフク」に新入がやってきた。その新人、氷山一角はなんと昭和50年生まれの15歳の少女だった。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

砂の城

出版社集英社
連載りぼん (1977-1981)
富豪ローム家の一人娘として生まれたナタリー。兄妹のように育てられたフランシスと恋仲になり結婚を誓い合うが反対され、二人で海に身を投げ別れ別れに…。数年後、記憶を失い、結婚して子供もいるフランシスと再会するが、彼は事故で死に、妻も後を追う。残された子供にフランシスと名づけ、ひきとったナタリーは、童話作家として新しい生活を始めるのだった。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

イタズラなKiss (イタズラなキッス)

出版社集英社
連載別冊マーガレット (1990-1999)
高3の相原琴子は憧れの天才少年・入江直樹にラブレターを渡したが、あっさりと突き返されてしまう。更に災難は続き、新築の家が地震で崩壊。父の親友宅に身を寄せる事になった琴子だが、なんとそこは直樹の家で…! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

アウターゾーン

出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ (1991-1994)
異常なまでに神を信じ、悪魔の実在を説いてまわる女…その息子のひろしは、人には言えない母の恐ろしい秘密を誰にも話せずにいたが…『ママと悪魔』ほか (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

湘南純愛組!

出版社講談社
連載週刊少年マガジン (1990-1996)
湘南最強の鬼爆(おにばく)コンビ、鬼塚英吉と弾間(だんま)龍二。女ひでりの日々に終止符を打とうと、心機一転、ナンパ少年に大変身!だが、彼らの行く所、トラブルがつきまとい、最後は、いつも大乱闘。おかげで未だに、悲しい独り者のヤンキー小僧たちの、明日は、どうなる!? (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

少女革命ウテナ

出版社小学館
連載ちゃお (1996-1998)
中学生になった天上(てんじょう)ウテナ。6歳の時、彼女は両親を亡くし、悲しさのあまり雨の中をさまよい川に落ちてしまう。その時彼女を助けてくれた不思議な男性は、バラを型取った指輪を残し、再会を約束して消えた。それから毎年、ウテナのもとには差出人不明の、指輪と同じバラの刻印が押された手紙が送られてきた。7年たって、ウテナのもとには7枚のポストカードが。それを並べると、私立鳳(おおとり)学園の写真と「ここで君を待つ」のメッセージが現れた。命の恩人の男性に再会するためウテナは鳳学園に転校。ところがこの学園の生徒会は、「バラの刻印」という謎の掟に支配されていて…!? (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

ソムリエ

出版社集英社
連載マンガオールマン (1996-1999)
ここには僕の求めるワインはない。フランスのソムリエコンテスト優勝の栄誉を、こともなげに放棄した日本人ソムリエ・佐竹城。ワインに命をかけ、10万種の中の1本を探し続ける彼の想いとは……!? (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

真・中華一番!

出版社講談社
連載週刊少年マガジン (1997-1999)
新たなる挑戦!!最年少で広州特級厨師になったリュウ・マオシン。「人を幸せにする料理」で数々の料理勝負に勝ち、広州に帰ってきたマオの前に、「裏料理界」という想像を絶する大きな影が立ちはだかる。14歳にして広州特級厨師になったマオは、料理人としての見聞を広めるため西南中国を回っていた。出発地の「陽泉酒家」がある広州を目前に「鶏窩町(ニワトリタウン)」に立ち寄ると偶然、寂れた料理屋を営む少女ティアと知り合う。ティアの死んだ兄は真っ黒な鶏を飼育していたことから、不幸を呼ぶ鶏として町中から嫌われていたのだ。だが、マオはその鶏の本質を見抜いた――。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

中華一番!

出版社講談社
連載週刊少年マガジン (1995-1996)
食は広州に在り。時は清朝末期、四川料理の国営菜館・菊下楼の新総料理長の座を勝ち取った、13歳の少年リュウ・マオシン。未熟な刀工、火工の技を磨くため、広州へ料理修行にやって来た!清朝末期の四川省に、名厨師パイの菜館・菊下楼があった。常に四川随一の料理人が総料理長をつとめる国営菜館では、料理対決によって次の総料理長が決められる。パイの息子マオは今は亡き父と母の意志を継ぐため、店の継承を賭けた戦いに挑む。1度でも食べた事のある料理は材料の1つ1つ、香辛料さえも見分けてしまう味覚の持ち主マオ。この天才的な味覚を活かして、因縁の強敵ショウアンとの料理対決に挑戦だ! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

虹色とうがらし

出版社小学館
連載週刊少年サンデー (1990-1992)
これは未来の話。地球によく似た星の、江戸はからくり長屋で暮らす七人兄弟は、それぞれ母親は違う異母兄弟である。兄弟はそれぞれの故郷をめぐって、母親の墓参りをする旅に出る。しかし、彼らはなぜか命を狙われていた・・・ (quote from wikipedia)
詳細を見る ≫

H2 (エイチツー)

出版社小学館
連載週刊少年サンデー (1992-1999)
「このまま投げ続ければ3か月でヒジが壊れる」と医者に言われ、野球を辞めることにした国見比呂。未練を断ち切るため、野球部のない千川高校に入学した比呂は、サッカー部に入るべく入門書を買って勉強中。と、そこに「あわて者だが、けっこかわいい」春華が現れて「わたしは野球の方が好きだけど」と言われてしまい… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

ご近所物語

出版社集英社
連載りぼん (1995-?)
実果子はヤザガクに通う高校生で、ツトムという幼なじみがいる。バディ子と付き合い始めたツトムだが、勇介が実果子を狙おうとしたことで自分の本当の気持ちに気づくのだった。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

ラストニュース

出版社小学館
連載ビッグコミック (1991-?)
憧れのCBSテレビに入社し、希望に胸をふくらませる新人・吉岡。だが配属先は、夜11時59分から始まる、たった11分のニュース番組『ラストニュース』だった。ある日、日野が放送の題材として選んだのは、さる代議士の2億円収賄事件に関する写真。代議士秘書がリークしてきたこの写真に写る七夕の風景から、日野はある新事実を探り当てる… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

部長島耕作

出版社講談社
連載モーニング (1992-2002)
島耕作は、初芝電産という巨大組織の中で、部長となっても自分の意志に忠実に、最前線で闘い続ける!M&A(企業乗っ取り)の危機にさらされた元・下請け会社での対策、ベトナムへの経済援助と投資への見きわめ、等々、島耕作は、不況の中、攻めの姿勢で、恋に仕事に精力的だ! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

ピンポン

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1996-1997)
月本(通称・スマイル)と星野(通称・ペコ)とは幼馴染み。小学生時代に駅前の卓球場タムラでラケットを握っていた頃からの仲だ。天才肌の星野はいつも好き勝手やり放題。今日も部活をさぼっていた。先輩たちに「星野を部活に連れてこい」と命令される月本だったが… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

MONSTER (モンスター)

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1994-2001)
デュッセルドルフ・アイスラー病院の日本人医師・天馬賢三は、天才的な脳神経外科医。院長の娘・エヴァとの結婚も控え、順調な日々を送っていた。そんなある日、東ドイツ貿易局の顧問、リーベルト一家が何物かに襲われるという事件が発生した。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫
記事検索
カテゴリ
新着記事
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。