The Legend of Japanese Comics - コミック伝説

BASARA (バサラ)

出版社小学館
連載別冊少女コミック (1990-1998)
高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。 (quote from s-book.com)
別コミフラワーコミックス
BASARA(1) / 田村 由美 Basara (2) / 田村 由美 Basara (3) / 田村 由美 Basara (4) / 田村 由美 Basara (5) / 田村 由美 Basara (6) / 田村 由美 Basara (7) / 田村 由美 Basara (8) / 田村 由美 Basara (9) / 田村 由美 Basara (10) / 田村 由美 Basara (11) / 田村 由美 Basara (12) / 田村 由美 Basara (13) / 田村 由美 Basara (14) / 田村 由美 Basara (15) / 田村 由美 Basara (16) / 田村 由美 Basara (17) / 田村 由美 Basara (18) / 田村 由美 Basara (19) / 田村 由美 Basara (20) / 田村 由美 Basara (21) / 田村 由美 Basara (22) / 田村 由美 Basara (23) / 田村 由美 Basara (24) / 田村 由美 Basara (25) / 田村 由美 Basara (26) / 田村 由美 Basara (27) / 田村 由美
小学館文庫
BASARA (1) / 田村 由美 BASARA (2) / 田村 由美 BASARA (3) / 田村 由美 BASARA (4) / 田村 由美 BASARA (5) / 田村 由美 BASARA (6) / 田村 由美 BASARA (7) / 田村 由美 BASARA (8) / 田村 由美 BASARA (9) / 田村 由美 BASARA (10) / 田村 由美 BASARA (11) / 田村 由美 BASARA (12) / 田村 由美 BASARA (13) / 田村 由美 BASARA (14) / 田村 由美 BASARA (15) / 田村 由美 BASARA (16) / 田村 由美
ストーリ
  • 高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。 (コミック1)
  • 赤の王に捕えられてしまった村人を助けだそうとした更紗(さらさ)。しかし敵の罠にかかり多くの仲間を失ってしまった。敵のあまりの強大さ、自分の無力さに絶望してしまう。もうだれも死なせたくないと思った更紗は、長老の4本の宝刀を集めよという遺言を頼りに単身、九州・桜島の朱雀(すざく)の村を目指した。そこには4本ある宝刀のひとつ“朱雀の刀”があるという。しかし九州へ渡るための海路はすべて赤の王によって検問がしかれ、船では行けない。そこで更紗は、いまだかつて生きて通り抜けた者がいないという関門トンネルを行くことに。なんとか九州の地にたどり着いた更紗は、偽タタラと出会い…!? (コミック2)
  • 更紗(さらさ)は長老の遺言の通り、朱雀(すざく)の宝刀を求め、九州・桜島に向かった。途中、朱雀一族のハヤトを仲間に加えることができた更紗は宝刀のある朱雀の村を目指す。ところが、ハヤトの母親にもらった地図に描かれている朱雀の村の場所は、朱雀の宝刀ごと海に沈んでしまっていた。呆然としていた2人は、この辺りの海域を根城にする海賊に捕まってしまう。海賊たちによって異国に売られそうになる更紗。しかし海賊と自分の敵が同じだと知った更紗は、なんとか仲間になってもらおうとした。そのために、負けたら異国に売り飛ばされ、勝ったら共に戦うという条件で海賊の頭首・茶々に勝負を挑むが…!? (コミック3)
  • 更紗(さらさ)の仲間・揚羽(アゲハ)が赤の王の右腕といわれる四道(しどう)に捕えられてしまった。そんな時、ついに桜島が噴火し始めた!!その荒々しさ、力強さは更紗たちに勇気を与え、新たな時代の始まりを予感させた。噴火に後押しされるように、更紗たちは一気に攻勢に出た。そして混乱に乗じて、揚羽を助け出すことに成功。そして、後に「桜島の戦い」と呼ばれるこの戦いは、最終決戦の時を迎えようとしていた。一方、赤の王・朱里は、何者かの陰謀により、蘇芳(すおう)の都を狙う兄・蒼の王と対決するはめに…。邪魔な蒼の王を討つために、坊主のフリをして単身関東に潜り込もうとする赤の王だが…!? (コミック4)
  • 更紗(さらさ)が無くした白虎の刀と、まだ見ぬ青龍の刀の情報を持つという蒼の王。朱里は蒼の王を討つために、そして更紗はふたつの宝刀の情報を得るために関東へ向かった。しかし蒼の王の領土に入ったとたん逃亡奴隷と見なされ、2人とも捕えられてしまった。2人は、莫大な賞金が賭けられたレースにムリヤリ参加させられてしまう。それは、だれも生きて戻れないという人間狩りゲームだった。幾多の障害を乗り越えて、なんとか最終ラウンドまで残れたのは更紗たちも含めたったの4人。しかも蒼の王は4人で殺しあって最後に残った1人に名誉と賞金を与えるという。人の命をもてあそぶ蒼の王に、怒りをおさえられず…!? (コミック5)
  • 蒼の王を討つべく関東入りした更紗(さらさ)と朱里。一度は蒼の王を倒したと思った2人。ところが本当の蒼の王は、親衛隊長を務めていた浅葱(あさぎ)だった。真の蒼の王・浅葱をあと一歩で倒せるところまで追いつめた朱里だったが、なぜか揚羽(アゲハ)が浅葱をかばい、彼を逃がしてしまう。更紗は、浅葱が本物の蒼の王とは知らずに他の親衛隊に命を狙われていた彼を助け仲間にする。しかし、それは浅葱の策略だった。彼はタタラを操り、王族同士を争わせて共倒れの状態に追い込む。そしてすべてを破壊し、この日本をキレイにするという企みがあった。そのために更紗たちの仲間になった浅葱は、信頼をえようと…!? (コミック6)
  • 浅葱(あさぎ)を新たに仲間に加えた更紗(さらさ)たち。正体は明かしていないが実は、彼こそが本当の蒼の王だった。浅葱はなんとか更紗と朱里を対決させようと企む。一方、更紗は母が生きているという情報をつかんだ。そして今、母は、赤の王の部下・花山(カザン)に連れられて、熊野に向かっているという。母を助救い出すために熊野に向かった更紗たち一行。途中、更紗たちは巨大なくじらに銛一本で勇敢に立ち向かう青年・那智(なち)と出会った。そして、那智の案内で熊野の大神殿へ向かう更紗たち。実は那智は、大神殿の大神官の息子だったのだ。さらに、地元の青年団・天狗党のサブリーダーでもあって…!? (コミック7)
  • 更紗(さらさ)たちは、国王の一族が集まる熊野で、赤の王の腹心・花山(カザン)将軍と対決。なんとか倒して、更紗の母・千草を救うことができた。しかし千草は、今、更紗に会うと、彼女の成長をとめてしまい、子供に戻ってしまうかも、と思い更紗には会わずに旅立ってしまう。母親が囚われの身でなくなればそれでいい、と納得した更紗。それよりも、自分の感情を優先したせいで、茶々と座木に先の戦いで大怪我をさせてしまったことに責任を感じていた。また更紗も眼を負傷してしまう。聖(ひじり)と那智(なち)は大神官の父を動かし、熊野は独立の道を歩むことに…。一方、赤の王・朱里は部下の反乱にあい!? (コミック8)
  • 蒼の王にそそのかされた、部下の亜相(あしょう)の裏切りにあい、すべてを失ってしまった朱里。追われるように逃げ込んだ船は医者の芭蕉の船で、朱里は一緒に沖縄に渡ることになった。一方、熊野で眼を負傷した更紗(さらさ)は眼を治してもらうために芭蕉のいる沖縄へ向かう。しかし、嵐で船が難破して海へ投げ出されてしまう。1人岸へと流れついた更紗。運良く芭蕉の知り合い・今帰仁(なきじん)に助けてもらい、芭蕉に無事、治療してもらう。今帰仁の所に彼の兄・運天が訪ねてきた。嵐の晩に彼の秘書が安里(あさと)大統領のところへ行ったきり行方不明になったというのだ。そして秘書の死体が発見され!? (コミック9)
  • 沖縄で再会することができた更紗(さらさ)と朱里は、安里(あさと)と運天の政権争いに巻き込まれてしまう。更紗たちは、日本との和平を望む安里大統領側につき彼を助ける。しかし運天の刺客に追いつめられ大統領共々、鍾乳洞へ逃げ込んだ。ナギたちの助けを得てなんとか刺客を倒すことができた更紗。意識を取り戻した大統領は更紗を呼んで、運天との誓いを語り始めた。自分は日本と和解をめざす。天運はそれが叶わない時に、日本と通じて最小限の被害で沖縄を明け渡す。決して沖縄を灰にはしない、そのためにはどちらかが残ればいいと。一方、海上では、元赤の王の艦隊が沖縄に迫る。対する朱里は一計を案じ…。 (コミック10)
  • 残る最後の宝刀「玄武の刀」を持っているという東北の鹿角(かづの)。鹿角の人たちと連絡を取るために向かったタタラ軍の正太とハヤト。だが、戻ってきたのは衰弱しきった正太だけだった。その時、死んだと思われていた赤の王が四国で生きていたという情報が入ってきた。赤の王が四国を制したら次に狙われるのが、桜島の朱雀(すざく)の村だと考えた更紗(さらさ)は共に赤の王を討つため、鹿角と同盟を結びに全速で東北へ向かった。消息を絶ってしまったハヤトの安否を気にする更紗。国の入口“増長(ますなが)の柵”に着いた更紗たちは、国に入る坑道に足を踏み入れる。邪心がなければ、無事抜けられるというが!? (コミック11)
  • 鹿角(かづの)と同盟を結ぶため東北へ向かった更紗(さらさ)たち。しかし彼らとの約束を破ってしまい、交渉は決裂。そして更紗たちは網走刑務所へ送り込まれてしまう。刑務所内で労働をさせられているうちに、何者かに襲われ気を失ってしまう更紗。そこを、所内を仕切る“風の梟(ふくろう)”に救われ、彼の部屋に連れてかれてしまう。更紗は、女だと見破られ、彼の女になるか死ぬかの選択を迫られた。かたくなに彼の女になることを拒んだために殺されそうになった更紗。そこに揚羽(あげは)が助けに来くるが、風の梟の部下・水の鹿にボロボロにやられてしまう。揚羽を救うため、彼の女になることにした更紗だが!? (コミック12)
  • 角じいの導きで無事に網走刑務所から脱出することができた更紗(さらさ)たち。しかし刑務所の外は厳寒の凍土。更紗たちは、近くの漁村まで助けを求めに行くが、途中で馬車の車輪が外れてしまい、外に放り出されてしまう。そこに、元囚人でありながら、見張り役引き受け、土の熊となった岩じいが、更紗たちの命を奪おうと襲ってきた。角じいに助けられた更紗。そして鹿角(かづの)の増長(ますなが)にも、自分たちの成そうとすることをわかってもらえた更紗たち。増長に、同盟に向けて自分たちも動いていくと約束をしてもらい更紗は網走を後にした。一方、四国全土を治めようとする朱里だが、なかなかうまくいかず!? (コミック13)
  • 赤の王の治めていた蘇芳(すおう)の街で悪政を行う桃井(もものい)。息子の穂積は恋人の廉子と共に、桃井の邪魔をする。しかし、タタラの手引きをした反逆者として広場で晒し者にされた廉子。桃井は、彼女を助けに来た息子共々、更紗(さらさ)たちを爆破しようとする。いちはやく火薬の匂いを察知した更紗は、間一髪、廉子と穂積を助け出すことに成功。この騒ぎで、桃井は民衆の反感をあおることになった。そしてついに、元赤の王の部下たちが反乱を起こした。穂積は反乱軍から父をかばい、廉子は街で小さな子を戦いから守り死んでしまう。この混乱に乗じて、再び赤の王・朱里が蘇芳の都を治めることになったが!? (コミック14)
  • 白虎の村、そして家族の仇である赤の王を宮殿まで追い詰めた更紗(さらさ)たち。ところが、何かの間違いで街の水まで枯らしてしまう。土地そのものを殺してしまった更紗は、流血と破壊を繰り返すだけの戦いに苦悩する。そして1人、砂嵐の中をさまよう。一方、蘇芳(すおう)の都を失った朱里も、またさまよい歩き運命の導きのように更紗と出会う。そして2人はついに結ばれたのだった。一夜明けると、枯れたと思っていた水源が生き返った。それを見た更紗は朱里のもとを離れ再び戦いの中へ戻っていく。お互いの正体を知らないままの2人。そしてついに、赤の王・朱里と、タタラである更紗が対峙することに…!? (コミック15)
  • 更紗(さらさ)は、最愛の朱里が、宿敵・赤の王であることを知ってしまった。彼女にとっては、思いもしなかったことで、混乱のあまり心を閉ざしてしまう。仲間から離れた更紗は、富士山を経て、黒の王の正室で、王より実力者だという紫の上を狙って、杜の都・紫黒(しこく)まで来た。青葉寺でお世話になりながら、つかの間の平和な日々を過ごす更紗。そこで、かさねという同い年くらいの女の友達ができた。しかし彼女の正体は、白の大姉の部下・四君子の末席の菊音だった。彼女の使命は、黒の王身辺の様子を探ること。そして戦場に現れ、鬼神の如き戦いをするといわれる白虎の正体がタタラかどうか調べることで…!? (コミック16)
  • できることなら平和的解決を望む黒の王の正室・紫の上と、鹿角(かづの)の代表者・増長(ますなが)を引き合わすことができた更紗(さらさ)たち。途中で、懐かしい母との再会を果たすことができた。そして“愛”のすばらしさ、尊さを思いだし、赤の王への憎しみの呪縛から解放された。ついに4本の宝刀を集めることができた更紗たちは、新たな一歩を踏み出す決意を固める。早速、紫の上の協力で、菊音たちと共に京都入りを果たした更紗。狙うは、国王の権威を見せつけるための大イベント。国王の力は絶対ではないということを証明するために、新年に開かれる“大仏開眼の大式典”を叩き潰そうとする更紗たちだが…!? (コミック17)
  • みごとに“大仏開眼の式典”をたたきつぶすことができた更紗(さらさ)たち。さらに、奴隷たちも逃がして大仏までも持ち去り、国王の権威を落とすことができた。更紗たちは、蘇芳(すおう)の都に戻ったが、休むまもなく今度は、太宰府の青年代表からの救援要請で太宰府へ。道中、京都の国王側の放った刺客を警戒する更紗たち。太宰府は、亡き四道(しどう)が治めていた都。更紗に同行した四道の妻の千手(せんじゅ)姫は、まだ国王軍が残っている街に飛び出して行ってしまう。一方、大仏殿から脱出した朱里は、今帰仁(なきじん)たちと再会を果たすことができた。そして朱里もまた新たな行動を始めていた…。 (コミック18)
  • 東北では、朱里たちが黒の王の追放に成功した。これで黒の王が治めていた領土では、王制が廃止となった。そして、京の国王から完全な自立を宣言した。黒の王の正室・紫の上も、王妃という任を降りて、戦のない新しい国のために世話役として力を尽くすことになった。そのころ、更紗(さらさ)たちタタラ軍は、四国の水軍とともに瀬戸内海で、国王軍・西の橘との海戦に臨んでいた。その戦のさなか、更紗に最強の刺客・柊とその部下たちの魔の手が迫ってきた。2人目の刺客・山茶花(さざんか)の自爆により火薬庫が誘爆してしまい船底に穴があいてしまう。更紗は、我が家のように親しんだ船を、ついに捨てる決心をし…!? (コミック19)
  • 朱里は今、黒の有志軍の先陣をきり民衆の側に立っている。国王に敵対してはいる朱里だが、更紗(さらさ)の仲間の一部、とくに白虎の村出身の者は、更紗と赤の王である朱里の仲に激しく反発していた。そんな時、更紗たちは国王の住む京都に迫った。京都の街は今、夜間外出禁止令が出されていた。夜歩くだけで不審と見なされて斬り殺されてしまう。揚羽(アゲハ)は夜の京都で、国王側の高官たちを暗殺していった。一方、タタラ軍では、浅葱(あさぎ)が戦術的に軍師の役割を果たすようになり連戦連勝と破竹の勢いだった。だが、京都では、国王軍の最後の切り札とも言える“石榴(ざくろ)計画が密かに進行していて!? (コミック20)
  • タタラの朱雀(すざく)、白虎の連合軍のもとに全国各地から援軍が集結した。網走刑務所の水の鹿。東北の増長(ますなが)率いる鹿角(かづの)一派。雷蔵率いる関東勢。そして四国、熊野。こうして更紗(さらさ)たちは革命軍としての一大勢力となった。朱里もまた、父の跡を継いで、新国王として、更紗たちを迎え討つことになった。朱里は長城の防御壁を、蜃気楼ではあったが1週間で作り上げ、京都の民に王として認めてもらった。また、それを見た更紗は、朱里との決戦が近いと感じた。一方“石榴(ざくろ)計画”の正体をつきとめようと、蓬莱(ほうらい)山に潜入した太郎ちゃんは、重要な情報を手に入れたが…!? (コミック21)
  • (コミック22)
  • (コミック23)
  • (コミック24)
  • (コミック25)
  • (コミック26)
  • (コミック27)
  • 文明が滅びて数百年、暴君に支配されたこの国に生を受けた双子、タタラと更紗。“運命の子供”が駆け抜ける、衝撃のジパング伝説! (文庫1)
  • (文庫2)
  • 海から現れた火の山・桜島。そこには勇将・四道の仕掛けた罠が更紗を待ち受けていた。揺れる大地の上での決闘、更紗が死地に追いつめられたそのとき、四道めがけてハヤトの矢が飛ぶ。更紗の運命はいかに!? (文庫3)
  • 人間狩りレース、龍の生け贄にされる民、残虐な快楽におぼれる蒼の王。その地獄の都・青藍はついに鉄仮面の騎士・雷蔵を指導者とする独立軍の手に落ちた。王は死ぬ。だが、彼は偽王だった。真の蒼の王の名は「浅葱」 (文庫4)
  • 乱戦のなか更紗は兄の敵・錵山将軍を倒すがその代償に傷を負い視力を失ってしまう。一方、赤の王の都・蘇芳では恐るべき計画がひそかに進行していた。その謀略の陰に、タタラ陣中の浅葱がいる。 (文庫5)
  • 国を失った朱理(しゅり)は沖縄に戻った。同じ頃、光を取り戻すために更紗も南下する。再会の地、沖縄。そこで二人は、自分たちが造りあげる国のかたちを模索する。そして、南の島から朱理の反撃が始まる。 (文庫6)
  • タタラ軍の集結地・青藍に揚羽が思いがけない客人を連れてくる。その高貴な姫の名は千手(せんじゅ)。更紗(さらさ)を敵と憎む彼女は、亡き夫・四道の子を宿していた。沖縄から戻った更紗は鹿野の地へ入る。 (文庫7)
  • 北の果ての監獄・網走。更紗たちが囚われたその地は、大地下帝国の建設を夢想する王族「風の梟」が支配していた。罠だらけの地下迷宮から脱獄を企てた更紗は、そのさなかにハヤトを発見。さらに地下層には・・・。 (文庫8)
  • 国王直属の大老を討ち、赤の王・朱理が復活した。更紗は茶々らが率いる援軍と合流し、赤の軍とタタラ軍の攻防戦が始まった。更紗と朱理は再会し、幸福な一夜を過ごすが、2人はいまだ互いの正体を知らない。 (文庫9)
  • 赤の王・名は朱理、タタラを装う少女の名は更紗。憎み続けた宿敵が、最愛の人だった。富士山麓で揚羽に施されたショック療法で絶望の淵から立ち直った更紗は、タタラ軍からひとり離れ東北に向かった。 (文庫10)
  • 王城の地・京都。国王の住む究極の敵地に更紗が現れた。更紗の目的は大仏開眼式をぶちこわし、王朝の威信を失墜させること。秘密工作は大成功、時代は激しく動き始める。 (文庫11)
  • 革命の旗が列島にひるがえる。紫の上と手を結んだ朱理は黒の領土を王のいない地にする大戦略を決行。一方、瀬戸内海で海戦中の更紗に刺客がつぎつぎと襲いかかる。そして、最期の刺客・柊が姿を現わす。 (文庫12)
  • 朱理(しゅり)率いる新国王軍との最終決戦を前に、タタラ軍の仲間が全国から集結する。そのころ京では野心家の大老・荻原が悪魔のような計画を進めていた。いよいよ盛り上がるジパング伝説。 (文庫13)
  • 新たな時代の到来を導き王朝のすべてを葬るため、朱理は柊(ひいらぎ)との一騎打ちに挑んだ。死闘の果てにくるはずの革命軍の勝利。だがその秘策は、もう一人の皇子によって砕かれる。その男・浅葱(あさぎ)が王に (文庫14)
  • 滅びゆく王朝に幕を引く者はだれか。王城へ乗り込んだ更紗(さらさ)と朱理(しゅり)は国王のもとに迫った。一方、崩壊する王城の地下では、揚羽が壮絶な戦いを繰り広げていた。衝撃のジパング伝説・本編の完結編。 (文庫15)
  • 更紗(さらさ)と朱理(しゅり)の物語を遡ること百年。王家に反逆する4人の若者が宝刀を盗んだ。朱雀青龍白虎玄武・4本の刀をめぐる伝説の始まり。BASARAの世界がさらに広がる外伝シリーズ! (文庫16)
(quote from s-book.com)
記事検索
カテゴリ
新着記事
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。