The Legend of Japanese Comics - コミック伝説

いまどきのこども

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1986-1993)
散歩の途中キリ太は、隣のお兄ちゃんに会った。彼はキリ太に「もうすぐ第3次世界大戦が始まる」と告げる。キリ太は急いで家に帰り、両親と姉に話すが、3人ともまるで相手にしてくれない。そのうち、当のお兄ちゃんも現れるが… (quote from s-book.com)
Big spirits comics
いまどきのこども (1) / 玖保 キリコ いまどきのこども (2) / 玖保 キリコ いまどきのこども (3) / 玖保 キリコ いまどきのこども (4) / 玖保 キリコ いまどきのこども (5) / 玖保 キリコ いまどきのこども (6) / 玖保 キリコ いまどきのこども (7) / 玖保 キリコ いまどきのこども (8) / 玖保 キリコ いまどきのこども (9) / 玖保 キリコ いまどきのこども (10) / 玖保 キリコ いまどきの子ども 11 (11) / 玖保 キリコ いまどきのこども (12) / 玖保 キリコ いまどきのこども (13) / 玖保 キリコ
小学館文庫
いまどきのこども (1) / 玖保 キリコ いまどきのこども (2) / 玖保 キリコ いまどきのこども (3) / 玖保 キリコ いまどきのこども (4) / 玖保 キリコ いまどきのこども (5) / 玖保 キリコ いまどきのこども (6) / 玖保 キリコ いまどきのこども (7) / 玖保 キリコ いまどきのこども (8) / 玖保 キリコ
ストーリ
  • 散歩の途中キリ太は、隣のお兄ちゃんに会った。彼はキリ太に「もうすぐ第3次世界大戦が始まる」と告げる。キリ太は急いで家に帰り、両親と姉に話すが、3人ともまるで相手にしてくれない。そのうち、当のお兄ちゃんも現れるが…(第1話)。キリ太には女子大生の姉・クルミがいる。それを知ったクラスメイトたちは“女子大生のお姉さん=きれい、やさしい、かしこい”と想像し、クルミを一目見ようとキリ太の家に押しかけた。ところがそこで見たのは、髪はボサボサのままで、お尻をボリボリかきながら「起きたら昼の2時だったんで、大学は自主休講した」というクルミのだらしない姿だった(第2話)。「情操教育は早ければ早いほどいい」と聞いたキリ太の母は、キリ太にも無理やり音楽、美術などの情操教育をさせるが…(第3話)。 (文庫1)
  • キリ太と一緒に公園に遊びに行く約束をしたクリコ。着ようと思った服のボタンが取れていたので、お母さんに付けてもらった。ところが、はいた靴下が服に似合わないので、結局服を変える。出かける寸前、今度は靴に服と靴下が似合わなくて…(第39話)。「ひなまつりをやるから」とクリコに誘われたキリ太、ツグミ、タクミ。呼ばれたのはいいが、ひなまつりと言われても、何をするのかわからない。取りあえず、ろうそく、ヘヴィ・メタのレコード、菜の花を持っていった3人だが…(第40話)。学校の歯科検診で全員虫歯が見つかったキリ太たち4人。もちろんみんな歯医者が嫌いだが、早く治さないともっと悪くなってしまうし…(第41話)。 (文庫2)
  • ここのところ毎日タクミの家に来るこまり。こまりが苦手なタクミは、こまりの嫌いな虫の観察日記をつけることにしたが…(第117話)。夏休みも終わりに近づいたある日。姉のクルミは、キリ太が毎日同じ時間に規則正しく帰ってくることに気付いた。その真相は?(第118話)。外で遊んでいたら雨が降ってきたので、弟の竹蔵を置いて一人で家へ帰ってしまったクリコ。取り残された竹蔵は、通りがかった親切なおばさんの家へ連れていってもらうが…(第119話)。 (文庫3)
  • (文庫4)
  • 公園で、相手が言った言葉を離れた場所から言い返す「やまびこごっこ」をしていたキリ太たち。最初は、そんなバカバカしい遊びなんかできないと思っていたタクミだが…(第156 話)竹蔵が大事にしていた熊の財布がなくなってしまった。クリコの誕生日のプレゼントを買うためのお金が入っていた財布がなくなってしまい、がっかりの竹蔵。だが、キリ太たちは、クリコがその財布を首から下げているのを見つけ…(第157 話) (文庫5)
  • キリ太たちが待ち合わせをしていた場所に、見慣れない子がいる。お互いが誰かの知り合いだろうと思っていたが、結局誰の知り合いでもない。スナック菓子をポリポリ食べながら、ずっとそこに立っているこの子は一体誰?(第194 話)サッカーの練習に熱中するキリ太、タクミ、ツグム。それを見ながら詩作に励む一平。すると、いつの間にか一平の隣には、例のスナック菓子を食べ続ける正体不明の少年がいて!?(第195 話) (文庫6)
  • 天気のいい日、クリコが「ひなたごっこしよう」と言いだした。「ひなたぼっこ」だと訂正するタクミたちだが、クリコは「学校ごっこだって、お店屋さんごっこだって、お医者さんごっこだって、遊ぶことにはみんな“ごっこ”がつくから、ひなたに行くのは“ひなたごっこ”」だと主張するのだが…(第231 話)。 (文庫7)
  • ツグムがいつになく難しい顔をしている。サンタクロースがいるかいないか、考え込んでいるのだ。タクミは「いるわけないじゃない」と言うが…(第268話)。シンデレラごっこをしているクリコと竹蔵。そこへキリ太たちが遊びにきた。みんなの目にはどう見ても、クリコより竹蔵の方がシンデレラらしく見えるのだが…(第269話)。 (文庫8)
(quote from s-book.com)
記事検索
カテゴリ
新着記事
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。