The Legend of Japanese Comics - コミック伝説

少年アシベ

出版社集英社
連載ヤングジャンプ (1989-1994)
芦屋アシベはちょっと声が大きいけれど、元気で明るい小学生。引っ越しで親友のスガオくんとは離れ離れになっちゃったけど、新しい町でゴマちゃんっていう、ゴマフアザラシの友達ができたんだ! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

19<NINETEEN> (ナインティーン)

出版社集英社
連載ヤングジャンプ (1988-1990)
主人公、久保田一至はもうすぐ19歳。晴れて大学生になった春のある日、中学時代のクラス会で憧れのヒト、藤崎雅菜さんと再会!!彼女いない歴18年の一至に突然の恋の予感…!? トントン拍子で藤崎さんとベッド・インすることができた一至だが…。果たして一至は本当の恋人にめぐり逢えるのか…!? (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

BASARA (バサラ)

出版社小学館
連載別冊少女コミック (1990-1998)
高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

泣き虫甲子園

出版社小学館
連載週刊少女コミック (1977)
甲子園目ざして30年。園田竜之介は野球一筋の熱血鬼監督だ。これと見込んだ人材は、自宅へ下宿させ英才教育。その園田家に通算13人目の居候・大友旭がやってきた。期待のエースはサウスポー、だが、監督の娘・夏子は大の野球ぎらい。肝心の野球部も部員減少で解散寸前というていたらく。予選を前に難問山積、甲子園はやっぱり夢なのか!? 夏空のもとで恋と友情と高校野球が躍動する、あだち充の熱血青春物語。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

円舞曲は白いドレスで

出版社小学館
連載週刊少女コミック (1990-1991)
1935年の東京。16歳の快活な乙女・青樹湖都は美しい夢を持っていた。初めての舞踏会には白いドレス、そして初めてのワルツの相手が運命の男性…。だが、突然湖都に婚約話がもちあがる。フィアンセは白晢の秀才・鬼堂院将臣、海軍兵学校に学ぶ男爵家の息子である。最初で最後の舞踏会、湖都は思いがけない成りゆきで英印ハーフの美青年と最初のワルツを踊った。太平洋戦争前夜の激しい恋を描くドラマティック・ロマンス! (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

いまどきのこども

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1986-1993)
散歩の途中キリ太は、隣のお兄ちゃんに会った。彼はキリ太に「もうすぐ第3次世界大戦が始まる」と告げる。キリ太は急いで家に帰り、両親と姉に話すが、3人ともまるで相手にしてくれない。そのうち、当のお兄ちゃんも現れるが… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

家栽の人

出版社小学館
連載ビッグコミックオリジナル (1988-1996)
家族と自然を愛し、同僚に変わり者と呼ばれながらも日々穏やかに生きる「家裁」判事の桑田。昼休みに自転車でふらっと散策していると、見知らぬ家の見事なケヤキの大木に誘われて、その家の老婦人と世間話に花を咲かせだす。気分次第で鉢植えの植物を買っては来るが、まともに世話もせず放りっぱなしの嫁と、その嫁に甘やかされて育ち、最近素行が悪くなった孫のことを気に病む婦人に、桑田は「この鉢、奥さんが育てませんか」とエールを贈る。そして職場に戻った桑田の前には、今日も新たな少年事件が…… (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

りびんぐゲーム

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1990-1993)
舞台はバブル全盛期の東京。不破は広い部屋に引越をする。同時期に不破の勤める「ナミフクDMサービス」も会社を移転するが、なんと移転先は不破の新居の目の前。しかも地震が起こり、会社の移転先となるはずのビルが傾いてしまう…。応急措置として、とりあえず「ナミフク」は不破のアパートに間借りすることになった。せっかく引越したのに前より部屋は狭いわ、プライベートはないわで、不破の怒りが爆発する。ただでさえ狭い「ナミフク」に新入がやってきた。その新人、氷山一角はなんと昭和50年生まれの15歳の少女だった。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

F (エフ)

出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ (1986-1992)
「なんぴとたりともオレの前を走らせねぇ」が口癖の赤木軍馬は、天才的なドライビング・テクニックを持つ高校生。しかし無免許のため、今日も改造エンジンを積んだトラクターで、田んぼの畦道を爆走する (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

カリフォルニア物語

出版社小学館
連載別冊少女コミック (1978-1981)
青い空、緑の大地、光輝くカリフォルニア。だが、カリフォルニアだっていいことばかりじゃない。父親との確執、兄へのコンプレックスなど、さまざまな人間関係のきずなを振り切ろうと高校をドロップアウトしたヒースは、冬のニューヨークにやってきた。相棒で同居人のイーヴ、悪友ブッチ、その妹で恋人のスウェナ……灰色の空のもと、大都会の片隅でひとつの青春が始まった。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

POPS (ポップス)

出版社集英社
連載別冊マーガレット (1988-1989)
女たらしな三島の事を好きになってしまった薬子。友人の湖太から忠告を受けるが想いを押さえられない薬子は、三島と付き合い始める。ところが三島には過去に湖太と取り合った忘れられない特別な女がいた…。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

ホットロード

出版社集英社
連載別冊マーガレット (1985-1987)
中2の和希はママとふたり暮らし。友だちの絵里に誘われて湘南に出かけた和希は、暴走族“NIGHTS”のメンバー・春山と出会う。春山にはミホコという彼女がいたが、いつしか和希にとって大切な存在になり…。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

ついでにとんちんかん

出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ (1985-1989)
カンフーの達人・東風、超能力少女・甘子、天才発明家少年・珍平の三人を率いる謎のリーダー・抜作! 彼らこそ、ちまたを騒がす怪盗とんちんかんのメンバーであった! 一味を追う毒鬼警部&天地巡査の包囲網もなんのその!? (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

砂の城

出版社集英社
連載りぼん (1977-1981)
富豪ローム家の一人娘として生まれたナタリー。兄妹のように育てられたフランシスと恋仲になり結婚を誓い合うが反対され、二人で海に身を投げ別れ別れに…。数年後、記憶を失い、結婚して子供もいるフランシスと再会するが、彼は事故で死に、妻も後を追う。残された子供にフランシスと名づけ、ひきとったナタリーは、童話作家として新しい生活を始めるのだった。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

ときめきトゥナイト

出版社集英社
連載りぼん (1982-1994)
吸血鬼と狼女を両親にもつ江藤蘭世は、可愛い中2の女の子。人間との恋は禁止されてるけど、今、同級生の真壁俊くんに夢中。そんなある日、蘭世に超能力がめばえた! なんと、かみついた相手に変身してしまうのだ。不思議どきどきラブ・コメディ。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

彼の手も声も

出版社集英社
連載別冊マーガレット (1989-1990)
ちょっと内気に奈緒は、絵を描くことが好きな高校生。何気なくスケッチした「跳ぶ人」陸上部走り高跳び選手の苫谷先輩に惹かれてゆくが、親友の明世も彼を好きだと知り、奈緒は友達も恋も失いたくなくて…!? (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

風魔の小次郎

出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ (1982-1983)
スポーツ名門校だった白凰学院は、ライバル校・誠士館の卑劣な行動によって、衰退の一途へ。そこで忍びの風魔一族である小次郎が、白凰学院の窮地を救うために出陣することになるが…。 (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫

六三四の剣

出版社小学館
連載週刊少年サンデー (1981-1985)
六三四は6月3日の4時に生まれたところから名付けられた。東堂国彦は修行の折、木にヒモでつるした空き缶を相手に突きを練習していた。ある時、突きを放っても空き缶は微動だにせずぶら下がったままだったが、空き缶を調べてみると竹刀の形に穴が開いていた。六三四が小学校1年生の時、六三四の父親・夏木栄一郎の首に先輩の東堂国彦のその見事な鋭い突きが決まり、栄一郎はその大会で優勝するものの、その突きが原因で死んでしまう。それ以来、東堂国彦に対する恨みなどもあるが、剣道を通して精神的に成長していく六三四。そして東堂国彦の子・東堂修羅は六三四の最大のライバルとして互いに切磋琢磨していく。 (quote from wikipedia)
詳細を見る ≫

トーマの心臓

出版社小学館
連載週刊少女コミック (1974)
冬の終わりのその朝、1人の少年が死んだ。トーマ・ヴェルナー。そして、ユーリに残された1通の手紙。「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。信仰の暗い淵でもがくユーリ、父とユーリへの想いを秘めるオスカー、トーマに生き写しの転入生エーリク……。透明な季節を過ごすギムナジウムの少年たちに投げかけられた愛と試練と恩籠。今もなお光彩を放ち続ける萩尾望都初期の大傑作。 (quote from s-book.com)
詳細を見る ≫

Dr.スランプ (ドクタースランプ)

出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ (1980-1984)
天才科学者(?)の則巻千兵衛が作った人間型ロボット・アラレちゃんが暴れまくるパワフルGAGワールド! ペンギン村を舞台に、個性あふれるキャラクター達が続々登場! (quote from Amazon.co.jp)
詳細を見る ≫
記事検索
カテゴリ
新着記事
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。